BLOG

TOP > BLOG > 社長のひとり言 > なくなる仕事

Mar. 05, 2018 / 社長のひとり言

なくなる仕事

Macがない頃、デザイナーはみんな

ロットリングとカラス口を使って

デザインをしてたんだよ。

20代のスタッフにこんな話をすると

???、カラス?ってなります。

レベルフォーデザインの清水啓介です。こんにちは。

あと、三角定規とカッター

スプレーのり、スプレーブースも必需品でした。

 

あれから30年。

製作スタイルや環境は大きく変わりました。

それに伴い、なくなる職業もありました。

印刷に欠かせなかった、写植。

デザジタル化によりほぼ消滅。

素材使用で欠かせなかった、写真のレンタル。

今ではフィルムから、データのダウンロードへ移行。

この先も技術革新やAIにより、

その加速は間違いありません。

 

野村総研よりこんなニュースがありました。

「日本の労働人口の49%が技術的にはAI等で代替可能」

そして、代替可能な業種も参考としてピックアップされています。

怖!

 

 

人工知能やロボットによる代替可能性が高い100の業種

 

気になるデザイナー・アートディレクターはというと。。。

代替の可能性が低い。とされています。

抽象的な概念を整理・創出する知識が必要な職業

他者との理解や協調、サービス志向性が求められる職業

つまり、クリエイティブ思考やコミュニケーション能力が

重要視されるものは、ロボットやAIに代替されづらい。

ということ。

 

一安心。

今のところは。

 

ただ、Macの進化も早いし、

今までなかった新しいサービスや、

入手困難な情報も簡単に手に入るようになりました。

働き方に関わる考え方も変わってきました。

デザイナーだからといって安心はできません。

デザイナーに求められる能力も

時代とともに変化してくるでしょう。

 

デザイナーという職業がなくならないように、

その価値が下がらないように、

しっかりと学び、

既成概念にとらわれず、柔軟に考え

もっと挑戦していかなければなりません。

それが、個人や会社の成長だけでなく、

デザイン業界の成長にも必要なことでしょう。

 

精進します。