BLOG

TOP > BLOG > レベルフォーの歴史 > レベルフォーデザインの歴史3「出会いと希望」

Jun. 04, 2018 / レベルフォーの歴史

レベルフォーデザインの歴史3「出会いと希望」

レベルフォーデザイン、スタッフは現在13名。

今期はあと2、3名の増員を予定しています。

ブログの目的の一つとして、

私の人柄や考え方、会社の雰囲気や目指すところが

少しでも伝わって、共感してもらえる人に選んでもらいたいな。

と、密かに企てている、レベルフォーデザインの清水啓介です。

こんにちは。

 

レベルフォーデザインの歴史、第3回は「出会いと希望」。

 

1984年。すべての大学受験に失敗し、途方にくれる高校3年。

兄の人生の分どころか、自らの人生すら見えません。

大学には行く理由も分からないし。。。

3つ上の姉が、これからはパソコンの時代だよ。

コンピューターの専門学校とかどう?

?パソコンか。悪くないかも。

ゲーム嫌いしゃないし。。。

よし。それで行こう!コンピューターの専門学校!

と、決めた翌日、

ん?だったらデザインの専門学校もあるんじゃない?

書店で調べると、ありました!

しかも、落ちた大阪芸大付属の専門学校。

ここに行くしかない。

進路指導の先生には専門学校?デザイン?

所詮高卒、就職なんてできないぞ。

と、衝撃の一言。今でも忘れません。

若い私は思いました。

「こいつ、絶対に見返してやる!」

 

あとは両親。

高い入学費も出してもらわなくてはいけません。

悩んでいるところを見かねたのか、

両親は意外にもあっさり、認めてくれました。

専門学校に試験らしい試験はありません。

簡単な実技と筆記の試験はありますが

願書提出でほぼ100%入学決定、はれてデザインの道に進むのです。

 

1985年。4月、大阪は天王寺。阪和線、美章園駅から程近い

大阪芸術大学付属、大阪美術専門学校に入学。

家賃23,000円、風呂なし。共同の玄関とトイレのアパート「有楽荘」で、

人生初の一人暮らしが始まります。

 

実家最後の夜の出来事。

初めて、母親の涙を見ました。よほど辛かったのでしょう。

「お母さん、ごめん、ありがとう」とは、言えないまま大阪へ向かいました。

新幹線で2時間30分。車中で涙が止まりませんでした。ドラマみたいに。

泣きながら誓いました。しっかり専門学校で学ぼう。

具体的にはわからないけど、兄の分まで絶対になんとかする。と。

 

専攻科目はグラフィックデザイン。

広告って景気良くても悪くても無くならないよね。

みたいな軽い感じで選びました。

この時、その仕事がどういうものか、ほとんど分かっていませんでした。

ただ、このグラフィックデザインとの出会いが

大きな分岐点となり、新たな希望となるのです。

 

これからが本番!と、なるのはまだまだ先の話。

続きは「堕落と奇跡」で。

 

「お母さん、ありがとう」