BLOG

TOP > BLOG > 社長のひとり言 > 車いすバスケのリアル

Jun. 12, 2018 / 社長のひとり言

車いすバスケのリアル

歳をとると、スリーポイントシュートが

とどかなくなるよね。

レベルフォーデザインの清水啓介です。こんにちは。

 

「WORLD CHALLENGE CUP 2018」を観戦してきました。

車いすバスケットボール男子日本代表の国際強化試合です。

オリンピックやスポーツ関連のデザインに

携わらせていただいき、最近よく感じるのは、

障がい者スポーツのビジュアルを多く取り扱うようになったこと。

メディアでは、まだまだ認知が少ないなと思いながらも、

自身の知見も足りないため、まずは実際の試合を観戦、応援。

 

 

ルールはというと

1 10分×4ピリオドで戦います。

2 ボールを持って車いすをこげるのは2こぎまで。3こぎでトラベリング。

3 2こぎすれば、またドリブルできるので、ダブルドリブルはなし。

4 障がいの程度により1〜4.5までクラス分けされており、

コート内、5人の選手の合計が14点以内。

その他は、一般と変わりません。

 

驚いたのは、想像以上に激しいこと。

その、スピード感と迫力に圧倒されます。

勢いよく転倒もするし、車輪が外れるし、ハラハラします。

ターンの俊敏性、ゴール下のパスワーク。

見事なスリーポイントシュート。

プレーが決まるたびに歓喜しました。

座った状態でのスリーはスゴイ!

リングが低いんじゃないかと勘違いするくらい。

結果は、ドイツ、カナダ、オーストラリアに勝利し全勝優勝。

おめでとう!感動しました。

 

そういえば、転倒した選手に誰も手を貸さないんだな。。。

なんか冷たいな。と勝手に感じていたのですが、

後で調べたところ、審判が介助が必要と判断しない限り

「転倒した選手は自力で起き上がらなくてはいけない」

というルールがあるそうです。

試合の流れが止まるからなのだろうと思ったのですが、

助けてあげるというのは実はエゴで、

もしかしたら本当の意味での助けにはならない?

とか、思ったりして。。。

だから、戦っている選手はみんな強くなる。

強くなるためにめちゃくちゃ努力してるんだろうな。

 

後方の応援席で一生懸命応援している、

車いすの男の子が目に入りました。

「この子もきっと強くなるな」と勝手に納得。

一人の子供に勇気を与えることができるスポーツ。

本当に感動しました。

クリエイティブで、そんな勇気や感動を

与えることができると、いいな。

 

帰り道での会話。

清水:「中学校の頃、スリーポイントシュートってなかったんだよね」

U作:「ええぇぇ!」

清水:(苦笑)